採用情報

大和グループではたらくメリット

大手優良企業各社様の厚いご信頼にお応えするという「働き甲斐」

特殊帯鋼を専門に取り扱う加工商社は、その取扱いの難しさから全国に30社程度しか存在しません。その中で大和グループは国内製造業のメッカである中部圏に本社をおく大手優良ばね部品メーカー各社様をはじめ、スウェーデンに本社をおくグローバル企業様から厚いご信頼を寄せていただいております。
国内屈指の専門加工商社ならではの安定感と、国内外の大手優良企業様からお寄せいただくご信頼こそ、ひとり一人の「働き甲斐」の源泉になっています。

自分のアイデアを活かせる「のびのびとした社風」

多くの会社で運用されているカイゼン制度は「こんな問題があるので、こんな改善をしたらどうか?」という提案型が一般的です。しかし大和グループのカイゼン制度は「こんな問題があったので、こんな改善を行いました。その結果、こんな成果が出ました」という事後報告型。このスタイルは「社員の経営への参画意識を高めたい」という純粋な願いから生み出されました。
「あれこれ考えるよりもまずは主体的にやってみる」
20年来継続的に尊重されてきたこの考え方を通じて、様々な技術革新や業務の効率化が成し遂げられました。今日ではカイゼン制度はまさに「会社成長の原動力」となっています。

ワーク・ライフ・バランスの追求による「働きやすさ」

仕事とプライベートの両立なくして、良い商品をコンスタントに創りだすことはできません。大和グループでは「ワーク・ライフ・バランス」をいち早く推進し、労働環境の改善に着手してきました。たとえば、多能工化の促進と共助の精神で仕事の平準化を図ったり、仕事を効率化することで残業時間をできる限り削減したり、年3回の長期休暇を設けたり…。
これらの改善努力の結果、ひとり一人がお互いを尊重し合いながら安心して働ける社風が着実に根付いてきました。現在多くの既婚者が第一線で活躍しており、それが大和グループの「働きやすさ」の証明となっています。

公正な評価制度による「納得感」

売上や生産量といった数字のみではなく、仕事のプロセスも評価する制度を導入しています。会社からのミッションに対して、社員が自らチャレンジ目標を設定し、その達成のために何を、いつまでに、どうやって実行していくのかを徹底的に考える。上司からの評価はもちろん自己評価も行い、お互いの評価をじっくり話し合うことで、誰もが納得できる評価制度となっています。また、カイゼンレポートや自己啓発である読書レポートなどの実績も処遇に反映されるため、『昨日よりも今日、今日よりも明日』と、常に成長できる環境が整っています。

充実した教育制度の下での「スキルアップの実現」

大和グループでは、『社会に貢献できる、真に心技体に優れた社会人に育ってほしい』という熱い想いのもと、教育制度の整備に注力しています。たとえば社内個別教育をはじめ、“OffJT”としてペン習字などの通信教育講座の費用を会社が負担。名南ビジネスカレッジ(MBC)という外部研修の機会も用意されているほか、玉掛・クレーン・フォークリフトなどの資格も会社負担で取得可能です。現状に満足することなく、教育制度は今後もさらに改善されていくことでしょう。
to top
Copyright(C) DAIWA KOGYO Co.,LTD. All Rights Reserved.